NEWS

7月 01, 2017
News ウェブ管理者

御船復興アイデアソン開催します。

「アイデアのつくり方教えます 」 皆さんは、御船町の復興に関わるアイデアだったり、自分 の会社や事業の為のアイデア出しに 困ったことはありませんか?まず、 アイデアが浮かばないと物事は先に進みません。 そこで、今回開かれるが、アイデアの出し方を、ITのエ ンジニアや教育者の皆さんに習って楽 しく勉強しようという企画です。 しかも参加費無料 。 普段ITに関心のない人でも楽しみながら学べる企画内容 になっています。参加資 格も御船町在住ないし御船町でお仕事されている方であれ ばOK! 日時:…
4月 24, 2017
Default Image
News ウェブ管理者

復興祭で展示された写真等のスライドショー動画が完成しました。

復興祭で展示された写真等のスライドショー動画が完成しました。
4月 12, 2017
復興祭
News ウェブ管理者

東京のイベントで熊本地震「御船震災の記録」が上映されます。

「一般社団法人がんばるけん熊本機構」のイベント「つながろう熊本~くまもともっと~」の会場にて、熊本地震「御船震災の記録」が上映されることがきまりました。 具体的にいつどこで流れるのか正確には把握していませんが、各イベント間に、イベントスペースにて上映するとのことです。 今回は、無印良品さまとのコラボイベント。会場は東京に成りますので足を運ぶ事は出来ませんが、御船の事が少しで伝わればありがたいですね。 イベント内容は下記を御覧ください。…
3月 12, 2017
17240095_235492223589181_4928345471671277360_o.jpg
News ウェブ管理者

Facebookページ開設のおしらせ

Facebookサイトを設置いたしました。 こちらでも情報発信して行きたと思います。

Blog List

2017年11月09日
熊本地震被災から蘇った築弐百年の酒蔵で新成人の門出を応援!
Blog ウェブ管理者

御船町の新成人を地域のみんなで祝いたい

御船町の新成人の皆さんの記念写真を「御船街なかギャラリー」で撮影する企画のための資金集めとしてクラウドファンディングが開始されています。以下サイトからの引用です。上記画像からリンクしていますので詳細をご覧ください。 #御船町の成人式を盛り上げ、記念に残る一日を企画したい!…
2017年8月17日
Blog ウェブ管理者

御船がーっぱ祭りが開催されました。

8月9日御船町がーっぱ祭りが開催されました。…
2017年7月10日
deltaworks20170709 P1040119 1040119
Blog ウェブ管理者

御船復興アイデアソン開催しました。

 御船町、グリーン・ヒル・御船の交流センターで御船復興アイデアソンが開催されました。 今回開催されたアイデアソンとは、普段、IT技術者の皆さんが中心となって行われている問題解決のためのアイデア創出の為のイベントを地域創生の為の意識向上プログラムとして再構築したものです。
2017年4月08日
17800001_249634572174946_6495541491963552251_n.jpg
Blog ウェブ管理者

のぼりが完成しました。

日曜のイベントに向けて作成したのぼりが届きました。 今回ののぼりは、イベントだけでなく今後も長く利用できる様に構成を考えて、ちょっとだけ不親切に作っています。 多くは語らない。 これなんだろう?と、感じてもらうためのものです。感じて調べてなんだか分かる。…

滝尾地区のドローンによる被害映像

2017年3月14日 153
このブログを書いているウェブ担当者である私は御船の住民ではありません。熊本市内に住んでいます。そのために御船町の被害の大きさを詳しく知っているわけではありません。しかし、その被害の大きさは、町に行くたびに思い知らせれます。…

いやもう、公開しちゃったよ。

2017年3月12日 147
FB title
4月9日行われる復興祭の為に被災写真を集める必要があるので、そのためのフォーム作って公開する必要が出てきました。 まだ、恐竜コンテンツ出来上がってはいませんし、これから作るぞって感じで進めてます。 それでも沢山の恐竜組の皆さんの協力のもと着々とコンテンツも仕上げている途中。…

テーマソングとか作りたいよね。

2017年2月21日 140
福岡在住の友人TEKUNO-KUNにミフネリュウのテーマの作曲をお願いした。 まずはイメージを確認する為のデモトラックが届いたので、公開してみます。

「御船恐竜はじめます!」の会議に行ってきました。

2017年2月14日 246
「御船恐竜はじめます!」の会議に行ってきました。今回は、まず恐竜博物館の池上様にその趣旨をご説明した後、場所を変え、関係者を集めていただきプレゼンをし直しました。 概ね好評だったと思います。